スタッフブログ

記事一覧へ戻る

※虫注意※

2017年08月25日

※今回のブログは虫の画像が出てきます。苦手な方はご注意ください※

 

最近は日中はとてつもなく暑いですが、朝晩と涼しい日が増えてきましたね!

夏らしい雲を見ると、森山直太郎さんの曲で『な~つのお~わ~り~~(*´Д`)θ~♪♪』ってフレーズが頭の中でリフレインしている玉城です。笑

 

さて、今回は管理棟入口に置いてあるお花たちと共生しているモノについてです。

 

冬~初夏にかけては全く異常のなかったお花たちですが、最近水遣りをしていると、

いろいろと飛び出してきます。

まずは、カマキリとか。

カマキリは葉っぱなどを食べ散らかしてしまうバッタを食べてくれるので、ありがたいです。

このカマキリを見かけないときはバッタによって葉っぱをムシャムシャ食べられてしまい、見た目がすごく悪くなります。

また、これから咲こうとしている蕾や花びらも食べられてしまいます。

バッタがお花にとって強敵なのだと、つい最近知りました。薬剤をまぜた団子などでは駆除出来ないそうですね。

なので、カマキリは私の中ではヒーロー扱いに近いです。笑

 

そして次に、この平べったい虫。

最初はバッタかと思ったのですが、調べてみるとキリギリスの仲間らしいです。

『サトクダマキモドキ』であってるかな??

とにかく、胴体部分が平べったくて、今までに見たことない虫だったので、初めて見た時は気持ち悪くてしょうがなかったです。

そしていまだに触れません。笑

 

そして最後にキノコです。

この観賞用トウガラシを最近植えたのですが、ある日気が付くと、けっこう大きなキノコが!!

上から見た感じは普通なのですが、

中にこんなにニョキニョキとキノコが育っていたのです!!

 

ほぼ毎日水遣りと花がら摘みをしているのに、いつの間に…っ!Σ(゚д゚;) 

 

どこかからか菌が飛んできて繁殖したのだと思うのですが、自然ってすごいです。

この暑い中、雑草もニョキニョキ伸びるし…(´;ω;`)

 

雑草だけに効く薬剤をどなたか開発していただけないですかね~~。

0120-82-0033までお気軽にどうぞ お問い合わせはこちら

直方・北九州の霊園 福智山ろくメモリアルパーク
霊園事務所/〒822-0005 福岡県直方市永満寺854(直方いこいの村ヨコ)※北九州からも好アクセス TEL/0949-23-8090
Copyright(c) 2013-2019 Fukuchi sanroku Memorial Park Allright Reserved.