マスコミ・メディア紹介

RKB毎日放送ニュース5月8日放送

当霊園のイベント「母の日カーネーション・メモリアル」がRKB毎日放送のニュースに取り上げられました。

1

4

 

9

 

毎日新聞5月11日掲載

毎日新聞(筑豊版)掲載2015.5.10朝刊

 
亡き家族へ感謝込め 母の日 お墓にカーネーション

10日は母の日。お墓にカーネーションを供える「母の日カーネーション・メモリアル」が直方市永満寺の福智山ろくメモリアルパークであった。

「母」に限らず、亡くなった家族への感謝を込めて花を供え、お墓参りのきっかけにしてもらおうと、同パークが毎年実施しており、今年4回目。

約3万平方㍍に750基の墓がある同パーク。お参りに訪れた人は、スタッフから渡された生花を墓に供えて手を合わせていた。お参りの人がなかった墓には、スタッフが供えた。

10年前に29歳の息子を亡くした大分県中津市の二木文雄さん(72)は持参した花と一緒にカーネーションを供えた。「花はありがたいが、(親より先に亡くなって)親不孝者です」と言いながら、丁寧に墓石を洗っていた。

 

毎日新聞(筑豊版) 2015年5月11日号掲載

 

西日本新聞5月11日掲載

西日本新聞掲載2015.5.10朝刊1面

 
墓にカーネーション

母の日の10日、福岡県直方市の霊園では、園内にある墓石約750基に赤いカーネーションが1本ずつ供えられた。天国のお母さん、ありがとう。◆27面

 

西日本新聞掲載2015.5.10朝刊27面

 
超短波

「母の日」の10日、福岡県直方市の霊園「福智山ろくメモリアルパーク」では管理会社社員が園内にある墓石約750基に赤いカーネーションを1本ずつ供えて回った。

盆や彼岸以外にも墓参りをするきっかけづくりになればと、開園10周年の2012年に始めた。

「母に日には普段の週末の2倍近い人が訪れます」と管理責任者の南昌宏さん(56)。

家族で訪れた同県小竹町の秋田浩平さん(60)は園から花をもらい、4年前に亡くなった母親の墓前に自分で供えた=写真。

「苦労して育ててもらった。お母さん、ありがとう」と手を合わせた。

 

西日本新聞 2015年5月11日号掲載

 

NHK福岡放送局5月10日放送

NHK福岡放送局のニュースに当霊園のイベント「母の日カーネーション・メモリアル」が取り上げられました。

3710

 

RKB毎日放送「今日感テレビ」5月7日放送

当霊園で5月10日に行われるイベント「母の日カーネーション・メモリアル」が

RKB毎日放送の今日感テレビの特集に取り上げられました。

P1210706P1210712P1210718

 

 

西日本新聞7月10日掲載

 

記事画像

 

個人への思い 七夕の短冊に

直方市永満寺の福智山ろくメモリアルパークで、亡くなった人への願いや感謝の言葉を書いた短冊の七夕飾りを展示している。「墓参りの機会を増やしてもらうため、新しい先祖供養の提案」として2年前から続けている。13日まで。

ロビーに置かれた七夕飾りは2本。短冊には「おじいちゃん勉強がんばっているから安心してください」「お姉さん、天国でお兄さんと仲良く!二つ並んだ星きれいです」などと書かれている。中には「忘れまい 母の笑顔や 白芙蓉」と、母親への思いを俳句にしたものもある。

園では6月下旬、霊園の利用者ヘ短冊を事前に郵送。返送や持参の短冊を飾っているが、年々年配の人のメッセージが増えているという。

 

西日本新聞 2014年7月10日号掲載

 

毎日新聞5月12日掲載

mainiti-20140512

 

お墓にカーネーション 直方で750本お供え

母の日の11日、お墓にカーネーションを供える「母の日カーネーション・メモリアル」が、直方市永満寺の福智山メモリアルパークであった。

お墓参りの機会を増やしてもらおうと、3年前から、メモリアルパークが企画している。

11日は夏を思わせる強い日差しが照りつけるなか、スタッフらが約750本の生花を一本一本、丁寧に差していった。

メモリアルパーク管理責任者の南昌宏さん(55)は「人間は皆、母親から生まれてきた。感謝を込めてお供えしています」と話していた。

 

毎日新聞(筑豊版) 2014年5月12日号掲載

 

西日本新聞5月13日掲載

 

母の日彩るカーネーション 花公園で親子に贈呈
メモリアルパーク 墓石にお供えも

母の日の12日、直方市永満寺の福智山ろく花公園で、親子連れにカーネーションの鉢を贈る催しがあった。花を育てて母への感謝の心を持ってもらおうと5年前にスタート。この日は晴天にも恵まれ、開園から1時間ほどで用意した30鉢すべてが配られた

来園一番乗りで、お母さんへの感謝の言葉を書くメッセージカードとともに鉢をもらった北九州市八幡西区の小学校4年生男児(9)は、「きれいな花でうれしい。用意していたプレゼントと一緒に渡します。」と笑顔。

一方、同市永満寺の霊園福智山ろくメモリアルパークでは墓石に赤いカーネーションを供えた。

お盆やお彼岸以外にも墓参りをする機会を増やしてもらおうと昨年に続き取り組んだ

母の日は、普段の週の2倍ほどの墓参りがあるという。管理者の南昌宏さん(54)は、「生んでくれた母に感謝する気持ちは、先祖を大事にする供養にも通じる」と話した。

西日本新聞(筑豊版) 2013年5月13日号掲載

 

KBC九州朝日放送5月13日放送

ニュースで取り上げられました。

 

読売新聞5月12日掲載

yomiuri-2012

 

あす母の日 墓全てに1輪

母の日の13日、直方市永満寺の霊園「福智山ろくメモリアルパーク」で、すべての墓約550基に、赤いカーネーションが1輪ずつ手向けられる。

霊園を管理する「太陽」(福岡市中央区)によるもので、九州では初めて。

母の日にも位置づけようと企画。「母の日のカーネーション・メモリアル」と銘打って、同社員が13日朝に花を挿して回る。

霊園管理者の南昌宏さん(53)は「母に感謝するとともに、先祖を大事にする日にしてほしい」と話している

読売新聞(筑豊版) 2012年5月12日号掲載

 
0120-82-0033までお気軽にどうぞ お問い合わせはこちら

直方・北九州の霊園 福智山ろくメモリアルパーク
霊園事務所/〒822-0005 福岡県直方市永満寺854(直方いこいの村ヨコ)※北九州からも好アクセス TEL/0949-23-8090
Copyright(c) 2013-2018 Fukuchi sanroku Memorial Park Allright Reserved.